記事一覧

育てやすく収穫が早い

畑

自宅で手軽に育てる

自宅の庭を利用して花や野菜を育てるガーデニングが流行しており、野菜を育てる場合はキッチンガーデニングと呼ばれ、収穫した野菜を食材として使うことが出来るため節約にもなり人気です。特に育てやすさと収穫の早さで人気となっている野菜がジャガイモで、上手な育て方のコツを覚えれば初心者でも育てる事が可能です。植え付けの時期は春と秋の2回となっており、春に植える場合はジャガイモのカットを行なってから植えますが、秋に植える場合はカットなしで行うこともあり多少植え方や育て方に違いがあります。収穫にかかる期間は春でも秋でも変わらず、3ヶ月ほどで収穫が出来ます。また、秋にジャガイモを植える場合は、気温が涼しくなってから植えるようにすると腐りにくくなり安心です。プランターはジャガイモを深く植えるために大型サイズのものを用意し、幅は60センチ以上のもので深さは40センチ以上のものが良く、培養土で土壌を作り2週間ほど土作りを行なって植えやすいように準備をします。土壌が完成したら春に植える場合は種イモとなるジャガイモを芽が3つくらい残るようにして切り分けて、切った部分を乾燥させます。種イモの芽の部分が太く育っているとうまく発芽するので、土壌を整えている間に日光に当てて芽を太くするのが育て方のコツです。また、プランターを置いて育てる場所がないという場合でも専用の袋を使って栽培を行う方法があり、マンションなどでベランダが狭い場合でも育て方次第でジャガイモを収穫出来ます。狭い場所でも育て方に工夫をすれば栽培できることも、ジャガイモ栽培が人気となっている理由です。