記事一覧

栽培しやすいイモを育てる

女性

家庭菜園の準備

ジャガイモは、私たちにとって馴染みの深い野菜です。大人から子供まで多くの人に愛され、家庭に欠かせない食物のひとつです。ジャガイモは、デンプンの他、ビタミンCやカリウムなどの栄養を豊富に含んでいることで知られています。日本での主な産地は北海道ですが、全国的に広く栽培されています。ジャガイモは、植え付けから収穫までの期間が短く、育てやすいことから家庭菜園などの初心者にも人気があります。しかし、その育て方には、知っておくべき準備段階でのポイントがいくつかあります。まず、最初に気をつけたいのが植え付けの時期です。ジャガイモは、春にも秋にも種イモを植えることが可能で、それぞれ90日程度で収穫することができます。ただし、初心者により適しているのは春です。秋植えは、残暑の影響で種イモが腐ったり、反対に寒さが早まると成長に悪影響を与えたりする可能性があります。まずは春植えを選ぶことが、初心者にとっての育て方のこつです。植え付けの時期が決まったら、次は場所選びです。畑はもちろん、深さが30cm程度以上あればプランターでの栽培も可能です。プランターの土は、市販の培養土を利用することができます。ただ、ひとつ注意したいのが、畑の土には石灰を入れないことです。野菜栽培では、多くの場合、石灰で土の酸度を調整します。しかし、ジャガイモは酸性を好むため、石灰を混ぜないのが準備段階での育て方の鉄則です。さて、時期と場所が決まったら、次はいよいよ植え付けです。ジャガイモにはいくつかの種類がありますが、品種ごとでの育てやすさにはそれほど大きな違いはありません。好みや調理方法を考えて、種イモを選べば大丈夫です。野菜づくりの醍醐味は、何と言っても自分で育てた野菜を自分でおいしく食べることです。準備段階での育て方の最後のポイントは、使い道に合った品種を選ぶことです。そして、いよいよジャュガイモ栽培が始まります。